大湯環状列石│秋田県のパワースポット

大湯環状列石OYUKANJORESSEKI

大湯環状列石

秋田のパワースポット 大湯環状列石大湯環状列石は、ストーンサークルや環状石籬(かんじょうせきり)とも呼ばれ、秋田県鹿角市十和田大湯にある縄文時代後期(約4000年前)の大型の配石遺跡です。大湯環状列石は野中堂遺跡と万座遺跡からなり、国の特別史跡に指定されています。葬送儀礼や自然に対する畏敬の念を表す儀式を行った「司祭場」であったと考えられていますので、パワースポットの一つとして有名です。



不思議なストーンサークルの延長上には、きれいな三角形の形をした黒又山(クロマンタ)があります。黒又山(クロマンタ)は標高280mほどの山ですが、どの方角からも底辺の広い二等辺三角形に見える四角錐の形状で、地元には人工的に作られた「縄文ピラミッド説」もあり、古代からの不思議なパワーを持つエリアです。


秋田のパワースポット 大湯環状列石直径52メートルと、現在日本で見つかっているストーンサークルの中では最大の物で、ストーンサークルは、地球と宇宙のエネルギーが集まると言われています。縄文の昔は、今よりも宇宙や自然とのつながりが強く、そういう意味でもこの大湯環状列石は他にはない神秘的なパワースポットと言えるでしょう。


大湯環状列石アクセス情報

所在地 秋田県鹿角市十和田大湯字万座45
アクセス JR花輪線鹿角花輪駅から秋北バス大湯温泉行きで35分、遺跡前下車すぐ
公式ホームページ 大湯環状列石

秋田県のパワースポット

秋田のパワースポット 田沢湖

田沢湖

秋田のパワースポット 大湯環状列石

大湯環状列石

秋田のパワースポット 玉川温泉

玉川温泉

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.