広島県のパワースポット

トップページ > 都道府県別パワースポット > 広島県のパワースポット

広島県のパワースポットHIROSHIMA

広島県のパワースポット

厳島神社

広島のパワースポット 厳島神社

日本三景の一つである安芸の宮島にある厳島神社は、1400年の歴史をもち、日本全国に約500社ある厳島神社の総本社で、ご祭神は市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命の宗像三女神です。厳島神社の創建は推古元年(593年)とされており、その後、仁安三年(1168年)に、平清盛によって寝殿造り様式を取り入れ現存の規模に造営されたと言われています。厳島神社のご神体は宮島そのもので、古代より「神」として信仰の対象とされ、社殿が海上に築かれたのは、「神をいつきまつる島」として崇められていた神聖な宮島の地に建てるのを避けたためだと言われており、鎌倉時代からは宮島全体が神社地として保護され農耕が禁じられてきたことから、当時のままの姿で残っているのだそうです。>>続きを読む


仙酔島

広島のパワースポット 仙酔島

瀬戸内海国立公園の中心にある仙酔島はその名の通り仙人が酔うほどに美しい島で、一億数千年前の太古の自然がそのままの姿で鮮明に残っており、1925年に名勝鞆公園になり、1934年に日本で最初の国立公園に指定されました。島の名前も、仙人が空を飛んでてこの辺りの海の美しさに酔い、降ちてきてそのまま島になったという伝説もあり、また砂浜の奥には浦島太郎伝説があると言われ、太郎が助けた五色の亀の背中に乗った途端、亀が美しい仙女に変わって竜宮城へと誘い、楽しんだと言われています。明治・大正・昭和・今上・徳仁親王など、明治時代以後の天皇・皇后・皇族らが好んで何度も訪問されており、大地のエネルギーが溢れていて、天地の気が集まった場所とも言われています。>>続きを読む


弥山

広島のパワースポット 弥山

宮島の霊山・弥山は、弘法大師空海が開山したといわれる霊的パワーの強い場所で、特に頂上付近がもっとも強いエネルギーがあると言われており、そのパワーを求めて山頂を目指す人も少なくありません。歩いて登るルートは3ルートあり、どれも約1時間半から2時間の登山ですが、急峻で迷い込むと危険な山であるため、登山に慣れない方はロープウェイを利用するのが良いでしょう。厳島神社の背後に位置する弥山は神体山とされ、数々の神聖な古代遺跡や手つかずの原生林が残っており、山頂付近には弘法大師が開いたという弥山本堂や霊火堂など堂宇が建立されています。>>続きを読む


Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.