厳島神社│広島県のパワースポット

厳島神社ITSUKUSHIMAJINJA

厳島神社

広島のパワースポット 厳島神社

日本三景の一つである安芸の宮島にある厳島神社は、1400年の歴史をもち、日本全国に約500社ある厳島神社の総本社で、ご祭神は市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命の宗像三女神です。厳島神社の創建は推古元年(593年)とされており、その後、仁安三年(1168年)に、平清盛によって寝殿造り様式を取り入れ現存の規模に造営されたと言われています。厳島神社のご神体は宮島そのもので、古代より「神」として信仰の対象とされ、社殿が海上に築かれたのは、「神をいつきまつる島」として崇められていた神聖な宮島の地に建てるのを避けたためだと言われており、鎌倉時代からは宮島全体が神社地として保護され農耕が禁じられてきたことから、当時のままの姿で残っているのだそうです。



厳島神社の平舞台は、四天王寺(大阪市天王寺区)の石舞台、住吉大社(大阪市住吉区)の石舞台と共に「日本三舞台」の一つに数えられ、宮島の象徴でもある高さ16メートルの大鳥居も、春日大社(奈良県)と気比神宮(福井県)の大鳥居に並ぶ「日本三大鳥居」の一とされており、歴史的にも文化的にも日本を代表する神社の一つです。近年は日本有数の水のパワースポットとして人気を集めていますが、背後の弥山のエネルギーと目前の海のエネルギーがちょうど融合する場所に建てられていることで、海と山の双方の強いパワーを感じとれるようになっています。厳島神社は海上に社殿が建てられていることから、海の浄化の作用が強く、人生のあらゆることを清めてさっぱりさせてほしいときにぴったりの神社で、穏やかな海の風景を見ながら回廊をゆったり歩いていると、それだで気持ちが穏やかに清らかになってきます。


広島のパワースポット 厳島神社

厳島神社を立地的に見ますと、弥山の山脈から5本に分岐した龍脈が厳島神社を取り囲んでおり、5本の龍の頭が見守る先に龍穴があると言われ、そこに厳島神社が位置しています。厳島神社のご祭神のうち、市杵島姫命は神仏習合の歴史の中で弁財天と同一視され、神社隣の大願寺は日本三大弁財天として美人の神様、芸能の神様などとしての御利益がありますので、特に女性や芸能・芸術関係の方はぜひ参拝した方が良いでしょう。パワースポットとしてだけなく、海の上に建ち並ぶ建造物群と背後の弥山原始林とが一体となった独創的な神社建築は世界的にも評価が高く、また建造物の多くが平安時代の寝殿造りの特徴を持った建築だという事も評価されています。


厳島神社アクセス情報

所在地 広島県廿日市市宮島町1-1
アクセス JR広島駅から山陽本線で宮島口駅まで約25分、フェリーで約10分
公式ホームページ 厳島神社

広島県のパワースポット

広島のパワースポット 厳島神社

厳島神社

広島のパワースポット 仙酔島

仙酔島

広島のパワースポット 弥山

弥山

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.