姫路城│兵庫県のパワースポット

姫路城HIMEJIJYO

姫路城

兵庫のパワースポット 姫路城5年の歳月をかけて行われた「平成の大修復」を終えて生まれ変わった姫路城は世界遺産にも指定され、国宝に指定されている天守閣を持つ城としては、松本城、彦根城、犬山城と合わせて国宝四城と呼ばれています。現存する天守閣は江戸時代より前に建築されてから現在まで400年間、一度も戦火や火災に遭っておらず、建築当時の姿を残す貴重な城郭で、その美しい姿から「白鷺城(しらさぎじょう)」とも呼ばれています。これも姫路城が持つパワーが災いを避け続けているとも言われ、このことから不運や災厄から身を守ってくれるパワースポットと信じられています。



歴代の城主が本多氏や酒井氏など徳川親藩大名で、幕府の重役も務めてきた家柄で、出世運、成功運、不動産運などをアップさせるパワーがあるとも言われています。またご利益を受けるには天守閣に上がると良いと言われていますが、これはかの有名な剣豪・宮本武蔵がこの天守閣の小部屋に3年間幽閉されたという話が残っており、その後剣の道で大成したことに由来しています。それだけはなく天守閣が建造当時のままで、歴史のパワーがしっかりと残っている事もその理由の一つです。


兵庫のパワースポット 姫路城城内の上山里丸と呼ばれる広場にある「お菊井戸」が、有名な「播州皿屋敷」に出てくる井戸だと言われています。他には徳川家康の孫で、豊臣秀頼の元妻である千姫が、豊臣家滅亡後この姫路城主の本多忠刻に嫁ぎ、幸せなひとときをここで過ごした事から、百間廊下内には「千姫パワースポット」があり、外に見える男山の写真を携帯の待ち受けにし、好きな人を思い浮かべて男山天満宮に願いを捧げると、その思いを千姫が届けてくれると言われています。城内には姫路城を鎮護する社であり播磨国の総社でもある射楯兵主神社があり、播磨地方の174座もの明神様が祀られており幅広い御利益があるとされています。


姫路城アクセス情報

所在地 兵庫県姫路市本町68
アクセス JR姫路駅(北口)より徒歩約15分
公式ホームページ 姫路城

兵庫県のパワースポット

兵庫のパワースポット 生石神社

生石神社

兵庫のパワースポット 姫路城

姫路城

兵庫のパワースポット 六甲山

六甲山

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.