金剱宮│石川県のパワースポット

金剱宮KINKENGU

金剱宮

石川のパワースポット 金剱宮金剱宮(きんけんぐう)は、石川県白山市日詰町にある霊峰白山の霊脈の神社で、白山ヒメ神社よりも創建が古く、古くは京都にまで名前が伝わっていたほどの名社だったと言われています。山梨県の新屋山神社、千葉・館山の安房神社と、日本に3ヶ所しかない金運神社の一つで、多くの大手企業の経営者・財界人が参拝に訪れています。御祭神は、瓊瓊杵尊で、白山比め神社の近隣に位置する白山七社(「本宮四社(白山、金剱、岩本、三宮)」「中宮三社(中宮、佐羅、別宮)」)の一つで、静かで落ち着いたたたずまいです。



あの源義朝(頼朝・義経の父)にまつわる逸話があるなど、歴史的にも非常に大きな価値のある神社で、紀元前95年の創建と伝えられる古社です。「つるぎ」という名称がついた神社なのですが、この神社ができた鶴来は、ここからきていると言われています。地名になっていることでもわかりますが、地域で非常に愛され、影響を与えている神社です。


石川のパワースポット 金剱宮表参道入口から境内までは約100mほどあり、参道脇も境内も豊かな鎮守の杜が形成され、特に裏参道入口脇の広場では豊かな紅葉の様子が見られ素晴らしい景観です。境内には天忍石(牛石)や義経腰掛石、亀石などがあり、奥に行くと小さな祠と白山から流れ出る金剱宮不動滝があます。その付近は白山大龍脈と滝と木々のパワーが感じられ、心安らぐ場所でもあります。


金剱宮アクセス情報

所在地 石川県白山市鶴来日詰町巳118
アクセス 北陸鉄道石川線・鶴来駅下車 徒歩10分
公式ホームページ 金剱宮

石川県のパワースポット

石川のパワースポット 珠洲岬(聖域の岬)

珠洲岬(聖域の岬)

石川のパワースポット 金剱宮

金剱宮

石川のパワースポット 気多大社

気多大社

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.