善通寺│香川県のパワースポット

善通寺ZENTSUJI

善通寺

香川のパワースポット 善通寺

善通寺は弘法大師空海の生誕の地として、和歌山県の高野山、京都府の東寺と共に弘法大師三大霊場に数えられている寺院で、四国八十八箇所をめぐる四国遍路の75番目の札所としても知られています。香川でも金刀比羅宮と並ぶ最大のパワースポットで、807年に真言宗開祖・空海の父である佐伯善通を開基として創建されました。現在善通寺は創建地である東院と、空海生誕地とされる西院(御誕生院)に分かれていて、この東西形式ができたのは鎌倉時代で、平安後期に広まった弘法大師信仰によって天皇や上皇からの庇護や荘園の寄進を受けてからとなります。



室町時代以降は足利氏の庇護を受け、江戸時代永禄元年の戦火によって焼けてしまいましたが、金堂や五重塔や常行堂は各大名が援助することにより現在の姿に再建されました。建物はそのほとんどが江戸時代の建造物で重要文化財に指定されているものも多数あり、お正月のNHKの番組「ゆく年くる年」の除夜の鐘を鳴らすシーンに使われているのが有名で、善通寺は所在地である善通寺市全体に神秘的なパワーが宿っているとされ、そのために空海という日本仏教を代表する高僧が誕生したのだという説もあるくらいです。

香川のパワースポット 善通寺

パワースポットとしての善通寺は火のパワーが強く活動的なエネルギーで溢れているので、、非常にパワフルで動的なエネルギーを感じます。そのため、これから何か新しいことを始めようとしている方にとっては非常に良いエネルギーを頂け、御利益としては厄除け、健康運、勝負運にご利益があります。境内には「五社明神」があり、雲気大明神・大歳大明神・大麻大明神・広浜大明神・蕪津大明神を総称し、これらの神々は元の善通寺領の氏神で、寺領守護のためここに勧請されたと言われています。この「五社明神」にある樹齢1300年と言われている大楠にもパワーがあり、根元の鬼気迫る迫力には歴史の重みの積み重なりを強く感じます。


善通寺アクセス情報

所在地 香川県善通寺市善通寺町3-3-1
アクセス JR土讃線 善通寺駅から徒歩20分
公式ホームページ 善通寺

香川県のパワースポット

香川のパワースポット 金刀比羅宮

金刀比羅宮

香川のパワースポット 善通寺

善通寺

香川のパワースポット 江洞窟

江洞窟

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.