唐人駄場遺跡│高知県のパワースポット

唐人駄場遺跡TOUJINADABAISEKI

唐人駄場遺跡

高知のパワースポット 唐人駄場遺跡

土佐清水市は日本で最初に黒潮が接岸する町で、手つかずの自然が残り、海が作り出した巨大な洞門や奇勝奇岩が見られる海岸など、自然のパワーや神秘を体感できる場所が数多くあります。唐人駄場遺跡は高知県土佐清水市にある巨石群のひとつで、世界最大級と呼ばれるストーンサークルをはじめ、亀石や鏡石などと呼ばれる多くの巨石群が乱立しています。立ち並ぶ巨石は大きいもので6メートル~7メートルにもおよび、これらの石は古代人が何かの目的をもって配置したものだと言われていますが、巨石は元々ここにあったものなのか、太古の人々が運んだものなのか、どうしてこのエリアに存在しているのかなど詳しいことは未だ謎のままとなっています。近年注目されている説が、古代の宇宙観、自然観の視点で遺跡を解釈したもので、太陽の光が落とす影で季節を読む技術であったり、星の位置で歳月を読む技術です。



巨石群のなかで最も平らで広い面積の「千畳敷岩」へ登ってみると視界が開け、巨石の上から太平洋を望み、晴れた日には九州も見えるという風景は格別です。平らな舞台のような岩で、降神時に巫女たちが奉納の舞を舞った場所とも言われており、別名が神楽石とされています。巨石群の中心の唐人石は別名「坊主岩」と呼ばれ、石の頭頂部にはエネルギーを放出する盃状穴の加工がされている、いわゆるパワースポットです。

高知のパワースポット 唐人駄場遺跡

唐人駄場遺跡とは不思議な言葉ですが、唐人は異人、駄馬とは平らな土地という意味で、異人がこの遺跡を開拓したと考えられたために付けられた名前です。実際この遺跡からは紀元前5000年頃から弥生時代にかけての石器や土器片などが数多く出土しており、古くからこの周辺に人間が居住していたことが伺えます。唐人駄場遺跡がある唐人駄場公園は、巨大なストーンサークルを整備して作られた公園で、自然豊かな景色と歴史を感じることができる場所です。癒しのようなご利益ではなく、日々の生活で疲れた体にエネルギーをチャージするのに良い場所です。


唐人駄場遺跡アクセス情報

所在地 高知県土佐清水市松尾977
アクセス 中村駅から高知西南交通バス「唐人駄場入口」下車、徒歩30分
公式ホームページ 唐人駄場遺跡

高知県のパワースポット

高知のパワースポット 土佐神社

土佐神社

高知のパワースポット 唐人駄場遺跡

唐人駄場遺跡

高知のパワースポット 龍河洞

龍河洞

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.