幣立神宮│熊本県のパワースポット

幣立神宮HEITATEJINGU

幣立神宮

熊本のパワースポット 幣立神宮

幣立神宮は高天原神話の発祥の地と言われ、長野県の分杭峠と同じく聖地や霊場が集中する中央構造線の上にあり、非常に強い氣を頂けるパワースポットとして日本のみならず、世界でも注目されるようになりました。日本で最古の神社と伝えられ、さらに万物の親神である「大宇宙大和神」という神様が唯一祀られており、太古からのエネルギー、そして宇宙からのエネルギーが降り注ぐ最強のパワースポットの一つに数えられています。



主祭神は神漏岐命、神漏美命、大宇宙大和神、天御中主大神、で天照大神の5神で、幣立神宮は別名「日の宮」とも呼ばれ、「天照大神が住む宮殿」を意味しますので、ここには「天照大神」の御霊がいらっしゃると言われているのです。その「天照大神」の御霊がいらっしゃるのは、神漏岐命・神漏美命が降臨された命脈15000年と言われるご神木の檜で、現在の幹は10代目を数えその命は途切れることなく受け継がれています。神社周辺は「幣立の森」とよばれる森があり、そこでは力強く立ち並ぶ杉などの樹木から自然のエネルギーを感じることができます。特に樹齢6000年といわれる五百枝杉(いおえすぎ)と呼ばれる巨杉があり、ここからは太古からの自然のパワーも受け取ることができるまさにパワースポット中のパワースポットと言ってもいいでしょう。


熊本のパワースポット 幣立神宮

幣立神宮の社殿境内の左奥にある小さな鳥居から森の中を降りていくと東御手洗と呼ばれる湧き水がありますが、中国の始皇帝が不老不死の霊薬をこの神水に求められたと伝えられています。またこの東御手洗から湧き出る神水が流れた先には「水玉の池」と呼ばれる池があり、そこは古来、水の神様である八大龍王の鎮まる聖地だと伝えられ、そのためこの地を荒らすと日本全国に風水害が起こるとされ、とても神聖な場所となっています。神霊は自然の中に息づくといわれますが、幣立神宮はまさに人間と神様と自然界が三位一体になれる場所でもあり、ぜひ自然界のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。


幣立神宮アクセス情報

所在地 熊本県上益城郡山都町大野712
アクセス 熊本駅から市電で辛島町下車。大野経由馬見原行きバスで大野弊立宮前下車。
公式ホームページ 幣立神宮

熊本県のパワースポット

熊本のパワースポット 幣立神宮

幣立神宮

熊本のパワースポット 阿蘇白水龍神権現(白蛇神社)

阿蘇白水龍神権現(白蛇神社)

熊本のパワースポット 鍋ヶ滝

鍋ヶ滝

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.