青島神社│宮崎県のパワースポット

青島神社AOSHIMAJINJA

青島神社

宮崎のパワースポット 青島神社

青島神社は宮崎市の南東部海岸付近にある青島にある古事記ゆかりの古くからの神社で、神社本庁からは別表神社に位置づけられており、宮崎県内もとより全国からも信奉を多く集めるています。この青島は昔は霊地として一般人の入島が禁じられていた聖なる島で、清々しく神秘的な雰囲気と強いパワーに満ちており、青島神社はこの周囲1.5キロメートルの青島全島を境内地としています。神話「海幸彦・山幸彦」の舞台となった場所でもあり、この神話は、古事記・日本書紀にも記され、長く言い伝えられてきています。



縁結びの神社として有名で、昭和の時代には新婚旅行のメッカとさえ言われ、当時はかなりの数の観光客が連日訪れていました。現在はブームも去りましたが、今も縁結びにご利益があるとして若い女性やカップルの参拝が多く、境内のさまざまな場所で行える良縁祈願が人気となっています。青島神社の御祭神は「彦火火出見命」「豊玉姫命」「塩筒大神」の三神で、「彦火火出見命」は天皇の始祖である神武天皇の祖父にあたる神様であり、日本神話の「海幸彦・山幸彦」の山幸彦とその奥さんが「豊玉姫命」です。島のほぼ中央に位置するこの場所には古くから小祠があり、弥生式土器や勾玉、獣骨などが多数出土し、古代祭祀が行われていたことを示しています。

宮崎のパワースポット 青島神社


青島神社がある青島と対岸の青島海岸は弥生橋という橋で結ばれており、海の中を渡る橋の上ではかなり強い風を受けますが、身体と心の穢れを清めるつもりで渡ると気持ちも晴れやかになります。また青島には「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩が連なる景勝地があり、これは固い砂岩と柔らかい泥岩が海中でミルフィーユ状に積み重なり、それが斜めに隆起して、長い時間をかけて波で洗われて砂岩だけが残ったもので、引き潮の時に現れます。青島神社には古来から伝わる祭祀があり、ご祭神である山幸彦こと天津日高彦火火出見命、豊玉姫命、塩筒大神を神輿に乗せ、海神国までお連れする夏祭りで、海の上を神輿を載せた御座船・漁船が連なって進んでいく様子はまさに壮観です。


青島神社アクセス情報

所在地 宮崎県宮崎市青島2-13-1
アクセス JR日南線 青島駅から徒歩10分
公式ホームページ 青島神社

宮崎県のパワースポット

宮崎のパワースポット 青島神社

青島神社

宮崎のパワースポット 高千穂峡

高千穂峡

宮崎のパワースポット 鵜戸神宮

鵜戸神宮

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.