高千穂峡│宮崎県のパワースポット

高千穂峡TAKACHIHOKYO

高千穂峡

宮崎のパワースポット 高千穂峡

神様が降り立ったと言われる地「高千穂」は「神話の里」として知られ、いたる所に神話や伝説、パワースポットが存在しています。伊勢神宮に祭られる天照大神がお隠れになった天岩戸や、神様が降り立った天孫降臨の地として、古事記や日本書紀にも登場する国内屈指の聖地です。特に天然記念物指定の渓谷『高千穂峡』は阿蘇山の火山活動の影響で形成された峡谷の高い絶壁が特徴的で平均80m、最も高いところだと100mもになり、その峡谷の中に約17mの高さから峡谷に流れ落ちる日本の滝百選に指定されている名瀑「真名井の滝」があります。この「真名井の滝」は、神様が水の種をこの地に下さり、そこにできた井戸から水が湧き滝の元になったという伝説が残っています。



高千穂峡の神秘的な絶景はおよそ7kmにも続き、川を下って雄大な景色や神秘的な雰囲気を楽しむことができ、高さ70mの「仙人の屏風岩」と呼ばれる柱状節理の断崖では、大地のエネルギーを感じる場所です。下部には太く直立した柱状節理、上部では規則的に並びながらも細く乱れたデザインがとっても神秘なものなど柱状節理とバナナ節理の融合も見られ、驚くべき大自然が創った芸術を目の当たりにできます。 高千穂峡は水龍が生み出したパワースポットで、才能を引き出し、夢を叶えるために必要な力を授け、違う世界へ導いてくれる力があります。元々水の集まるところには財運を招くパワーがあるとされ、またマイナスイオンをたっぷり吸収することで、ヒーリング効果も期待できます。


宮崎のパワースポット 高千穂峡

パワースポットであると同時に観光スポットでもあるため、日中は多くの人でにぎわいますので、パワースポットとして訪れたい方には早朝の高千穂峡がおすすめです。静寂さの中で美しい景観を眺めていると穏やかな気持ちになれ、優しい日の光が神秘的な雰囲気を一層引き立て、ゆったりとした気持ちでパワーを感じる事が出来るはずです。またパワースポットの一つとして、大きな石「鬼の力石」があり、この石の重さは約200トンで、高千穂へ再び戻ったと言われる三毛入野命が悪事をはたらいていた鬼八を退治した際に鬼八は、自分の力を自慢するために石を持ち上げたという伝説が残っています。


高千穂峡アクセス情報

所在地 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
アクセス R延岡駅よりバスで約1時間20分
公式ホームページ 高千穂峡

宮崎県のパワースポット

宮崎のパワースポット 青島神社

青島神社

宮崎のパワースポット 高千穂峡

高千穂峡

宮崎のパワースポット 鵜戸神宮

鵜戸神宮

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.