鵜戸神宮│宮崎県のパワースポット

鵜戸神宮UDOJINGU

鵜戸神宮

宮崎のパワースポット 鵜戸神宮

宮崎県日南市の「鵜戸神宮」は、日向灘に面した絶壁の洞窟に本殿が鎮座する珍しい神社で、絶壁の向こうには紺碧の海と奇岩怪礁が広がっています。社殿の前の一帯の海は気のエネルギーで溢れていて、岸壁に立っていると海からのエネルギーもやってきます。鵜戸神宮は本殿参拝のために石段を下りていく「下り宮」で群馬県富岡市の「一之宮貫前神社」、熊本県阿蘇郡高森町の「草部吉見神社」とともに日本三大下り宮と呼ばれています。ここは陸の神、火遠理命と海の神の姫、豊玉毘売が結ばれた場所という伝説から縁結び、出産のパワースポットとしてとても有名な場所です。



この場所は平安時代以来、修験道の一大道場として「西の高野」とも呼ばれる両部神道とし栄えた場所でもあり、鵜戸神宮のご由緒は日本の神話「古事記・日本書紀」に出てくる「海幸山幸」にさかのぼります。兄の海幸彦の釣り針を探しに竜宮に赴いた山幸彦は、海神の娘である豊玉姫と結ばれ、山幸彦の子を宿した豊玉姫は、鵜戸の地に来て出産しますが、この洞窟はその産殿址だと伝えられています。この時豊玉姫が産んだ子が鵜戸神宮の主祭神となりました。奇岩の中には豊玉姫が竜宮から乗ってきたという霊石があり、その窪みに男性は左手、女性は右手で「運玉」を投げ入れ、見事入ると願いが叶うとされています。

宮崎のパワースポット 鵜戸神宮

本殿裏に「お乳岩」と言う洞窟の天井にお乳のような2つの丸い岩があり、これは豊玉姫が我が子のために乳房を残していったものと伝わっています。岩に触れるとお乳の出が良くなると言われており、お乳岩から滴り落ちる「お乳水」を飲むことも可能で、産後に頂くとお乳の出がよくなると言われる「おちちあめ」と安産祈願の「おちちあめ」の二つを頂くことができます。宮崎では大正の初め頃まで、結婚すると鵜戸神宮へお参りする風習があり、新婚夫婦は手甲脚絆にわらじ履きという姿で、七浦七峠を越えてお参りしました。


鵜戸神宮アクセス情報

所在地 宮崎県日南市大字宮浦3232番地
アクセス JR日南線 伊比井駅または油津駅にて下車、路線バスで鵜戸神宮にて降車 徒歩約10分
公式ホームページ 鵜戸神宮

宮崎県のパワースポット

宮崎のパワースポット 青島神社

青島神社

宮崎のパワースポット 高千穂峡

高千穂峡

宮崎のパワースポット 鵜戸神宮

鵜戸神宮

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.