戸隠神社│長野県のパワースポット

戸隠神社TOGAKUSHIJINJYA

戸隠神社

長野のパワースポット 戸隠神社戸隠神社は約2000年の歴史を持つ神社で、平安の末期後白河法皇の歌にも四方の霊験所と歌われ、山岳密教の霊場としてその名を知られていました。参道入口から2キロほど歩き、戸隠山の麓にあるのが奥社・九頭龍社で、他に中社・宝光社・火ノ御子社の5社から成り立っています。特に奥社・中社がパワースポットとして知られ、近年訪れる人が増えています。



戸隠神社は日本の神話から「天の岩戸」は太陽神天照大御神が岩戸にひきこもってしまい世界中が暗くなってしまったため、それを開ける作戦を立案をした人を祭っている場所が中社で、その神様が"天八意思兼命"で、学問の神、知恵の神とも呼ばれています。八百万の神々たちの働きでその岩戸を開き世界に光が戻ったところで、二度と岩屋に入れないようにその戸を外界に投げ、着地してそれが山になりました。それが戸隠だったのです。日本屈指の浄化パワーで、人生の開運・自己覚醒をもたらす龍穴パワースポットとして、5社の神々が、自己覚醒の行動力・実現力、知恵・アイデア、魅力・存在感をもたらします。


長野のパワースポット 戸隠神社さらに、その二人の神よりも古くから祀られている"九頭龍"という神も存在しています。世界数多に九頭龍が存在していますが、日本では長野県の戸隠神社の九頭龍が本家本元で、九頭龍神の【現実化】の部分、物事を実現化させる「荒霊」のパワーをもたらすスポットです。荒魂(あらみたま)は神の魂のより始原的な「荒ぶる魂」そのもので、その荒々しさから新しい物事を生み出すエネルギーや強い生命力を内包している魂です。人生の開運に必要な、「現実行動」を後押ししてくれます。


戸隠神社アクセス情報

所在地 長野県長野市戸隠3506
アクセス 長野新幹線他「長野駅」から川中島バス「バードライン経由戸隠高原行き」(約1時間)
公式ホームページ 戸隠神社

長野県のパワースポット

長野のパワースポット 分杭峠

分杭峠

長野のパワースポット 諏訪大社

諏訪大社

長野のパワースポット 戸隠神社

戸隠神社

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.