白山神社│新潟県のパワースポット

白山神社HAKUSANJINJA

白山神社

新潟のパワースポット 白山神社白山神社は彌彦神社・新潟縣護國神社とともに新潟県の総鎮守で、御祭神は菊理媛大神(白山大神)です。菊理媛大神は別名を、白山比咩(しらやまひめ)大神と言い、加賀の霊峰白山頂上に祀られている女神様で、この神様を勧請して新潟の地に祀ったものです。菊理媛大神(白山大神)は、伊邪那岐命と伊邪那美命を仲直りさせたと言われ、乱れた糸をくくり整えるように融和され中を取り持ち和すことをしてくださる縁結びの神と奉られ、縁結びのご利益があると言い伝えられています。



また女の神様である菊理媛大神は、非常に「繁栄」の御力に優れており、子宝、子育て、安産などのご利益のある道祖神などに由来するものが境内に多数あり、毎年多くの妊婦さんやお子様を連れたご夫婦が参拝されています。ご神木「むすびの銀杏」は「子宝の銀杏」とも呼ばれる子授けの木で、境内には忠犬タマ公像もあり、それらをなでると子宝運が上がると言われています。もちろん越前総鎮守の神として、学業、開運、厄払い、五穀豊穣と全てのご縁を正しく結んでくださる神様で有名ですが、ご縁の質や種類にまでこだわって、今自身に必要なご縁を全て結んで下さる神様として日本全国からの参拝者でいつも境内はにぎわっています。


新潟のパワースポット 白山神社さらにこの白山神社には、縁結びで知られる出雲大神(大国主命)も祀られてます。白山神社の建立は、延喜(901~)または寛治(1087~)とも言われており、明治六年には政府が公園設置の布達を出すと、公園を造るため松林の境内に点々と建立してあった摂社・末社を全部御本殿に合祀したため、住吉大神・稲荷大神・天満天神など御祭神が多いのです。元亀年中(1570~)に、白山神社別当だった宝亀院住職憲海が五寸の十一面観音銅像、宝剣、鏡を白山神社に安置したことが記録に残っています。戦国時代には上杉景勝が戦勝の帰途に鏡と啓を寄進しており、当時すでに大社であったことがわかります。


白山神社アクセス情報

所在地 新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1
アクセス JR越後線「白山駅」より徒歩で10分
公式ホームページ 白山神社

新潟県のパワースポット

新潟のパワースポット 白山神社

白山神社

新潟のパワースポット 彌彦神社(弥彦神社)

彌彦神社(弥彦神社)

新潟のパワースポット 賽の河原霊場

賽の河原霊場

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.