最上稲荷│岡山県のパワースポット

最上稲荷SAIJYOINARI

最上稲荷

岡山のパワースポット 最上稲荷

最上稲荷は正式名を「最上稲荷山妙教寺」と言い、全国的にもかなり大きな規模の寺社で、地域によっては日本三大稲荷の一つに数えられています。所在地が岡山市高松地区であることから高松稲荷と称されることもあり、高さ27.5mの大鳥居でも有名なスポットです。 岡山県内で最も多くの人が初詣に訪れる場所で、岡山県屈指のパワースポットとしても注目を集める場所でもあります。



本殿に祀られるのは最上三神で、【最上位経王大菩薩】【八大龍王尊】【面大黒尊天】で、本殿周辺にある大きな香炉に立てた線香の煙を、体の悪い場所へ擦り付けると改善されるという言い伝えが有り、多くの人が思い思いの場所へ煙を導いている姿が見れます。特にパワースポットとして注目されているのが『八畳岩』で、寺伝によれば報恩大師が752年に孝謙天皇の病気平癒の勅命を受けて、吉備山中の八畳岩で修法し、最上位経王大菩薩を感得、天皇は全快したのが始まりと言われています。これらのパワースポットとしてのご利益を頂きに、【商売繁盛】【家内安全】【交通安全】などの祈願のために参詣者が訪れ、初詣でや節分豆まき式などの年中行事も盛んに行われています。

岡山のパワースポット 最上稲荷

境内は全体で『祈祷ゾーン』『供養ゾーン』『文化財ゾーン』の3つのゾーンに分けられており、それぞれのゾーンに本殿(祈祷ゾーン)・根本大堂(供養ゾーン)・旧本殿(文化財ゾーン)というスポットがあります。エネルギー的には本殿よりも旧本殿方がパワーが強く、できれば龍王山山頂の奥の院まで足を運びたいところです。神社やお寺は山のパワーを集める場所でもありますので、その山に登ることはそのパワーの源に最も近づく事ですので、可能な限り近くで参拝する事をおすすめします。


最上稲荷アクセス情報

所在地 岡山県岡山市北区高松稲荷712
アクセス JR岡山駅東口より中鉄バスで30分、稲荷山下車
公式ホームページ 最上稲荷

岡山県のパワースポット

岡山のパワースポット 楯築遺跡

楯築遺跡

岡山のパワースポット 最上稲荷

最上稲荷

岡山のパワースポット 吉備津彦神社

吉備津彦神社

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.