楯築遺跡│岡山県のパワースポット

楯築遺跡TATETSUKIISEKI

楯築遺跡

岡山のパワースポット 楯築遺跡

楯築遺跡は、岡山県倉敷市矢部の丘陵上にある環状列石(ストーンサークル)でつくられた総数60基にも及ぶ古墳群弥生時代の墳丘墓で、王墓の丘史跡公園内の小山の中央部に、中心を囲むように巨石がたてられています。上から見るとリボンのような形をした双方中円墳と呼ばれる墳墓で、円墳部の直径約43m、双方部を含む全長約72mと、弥生時代後期の古墳としては日本最大級の規模となります。その規模から推察して被葬者は最有力者であったと言われており、墳丘上の巨石の中央に小さなお社である楯築神社があり、ご神体として神石(亀石)と呼ばれる全表面に毛糸の束をねじったような弧帯文様が刻まれた石が安置されていました。



奇妙な形の岩が円状に並ぶストーンサークルとしても知られており、この巨石の中心に立つと強いエネルギーが感じられます。吉備津神社や鬼ノ城など、周辺には温羅伝説にまつわる史跡が多数残っており、「楯築」という地名も吉備津彦命が温羅との戦いに備えて巨石の楯を築いたことに由来しますので、この周辺全体がパワースポットと言っても良いかもしれません。この楯築遺跡には、開運招福や癒やしなどのご利益があると言われています。


岡山のパワースポット 楯築遺跡

主墳には2基の埋葬施設が確認され、古墳の中央部地下1.5mメートルに埋葬されていた木棺がこの墓の主人のものと推測されます。出土した木棺は全長約2m・全幅約70cmで、木棺の底には30kgもの朱が厚く敷かれており、遺骨は検出されず歯の欠片が僅かに2個出土したのみですが、木棺内部には、鉄剣、首飾り、翡翠の勾玉、ガラス玉などの副葬品が発掘されました。古代は現代以上に神との関係が密接だったと思われ、その流れから古代の古墳には神的なパワーが宿りやすく、特に巨石等の遺跡はご神体と同じ意味であるとも言われていますので、ぜひ近くでそのパワーを感じて頂きたいと思います。


楯築遺跡アクセス情報

所在地 岡山県倉敷市日畑
アクセス JR吉備津駅から車で5分
公式ホームページ 楯築遺跡

岡山県のパワースポット

岡山のパワースポット 楯築遺跡

楯築遺跡

岡山のパワースポット 最上稲荷

最上稲荷

岡山のパワースポット 吉備津彦神社

吉備津彦神社

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.