浜比嘉島│沖縄県のパワースポット

浜比嘉島HAMAHIGAJIMA

浜比嘉島

沖縄のパワースポット 浜比嘉島

浜比嘉島は沖縄本島中部のうるま市にある周囲約7kmの海中道路を渡って車でいくことができる離島で、島内には昔ながらの瓦屋根や琉球石灰岩の石垣作りの沖縄古民家があるのどかな島ですが、最近テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられるようになり広く知られるようになりました。浜比嘉島には30を超える拝所があり、祈りと祀りの年中行事が数多く行われ、時空を超えた神秘的な文化が今なお受け継がれています。自治区が2つに分かれており、浜比嘉大橋を渡って右が浜集落で左が比嘉集落となり、両集落を合わせて浜比嘉島と呼ばれています。



神の島というと久高島をイメージする人が多いと思いますが、実はこの浜比嘉島も非常に神聖な島ですので、時間的に可能でしたらぜひ島全体がパワースポットとも言える浜比嘉島を歩いて散策し、パワーをしっかりと吸収して頂きたいと思います。。琉球開祖のアマミキヨは久高島に降り立ち、その後浜比嘉島に住居を構えたという神話が残り、現在も「シルミチュー」「アマミチューの墓」という霊場があり、無病息災や子宝祈願にご利益があると言われています。その昔、琉球を創った女性の神様「アマミキヨ」と男性の神様「シネリキヨ」の2人が住んだ場所とされているのが、ここ「シルミチュー」です。木々に囲まれた長い階段をのぼった先にある鍾乳洞がその居住地なのだそうで、この場所で2人の神様が子供を授かったという伝説があり、今では子宝のパワースポットになっています。

沖縄のパワースポット 浜比嘉島


浜比嘉島大橋から「シルミチュー」へ向かう途中で左手に見える、ぽっかりと浮かんだ小さな島が「アマミチューの墓」で、「アマミチューの墓」は五穀豊穣や無病息災・子孫繁栄を願って島の人たちが祈りを捧げる、シルミチューと同じくとても神聖な場所です。字比嘉の東方海岸にアマンジと呼ばれる岩屋の小島があり、そこに洞穴を囲い込んだ墓があり、地元では琉球開びゃく伝説で有名なアマミチュー、シルミチューの男女二神及び他の神が祠られていると伝えられています。他にもシヌグ堂と呼ばれる大きな御嶽があり、かつて海が時化ることを祈るために作られた祠で、ガジュマルの大木が長い時間この空間を守り続け、その神秘性高い様子はパワースポットとして人気となっています。


浜比嘉島アクセス情報

所在地 沖縄県うるま市勝連比嘉
アクセス 那覇からバスでJAおきなわ与那城支店まで1時間30分、さらにバスで浜比嘉島まで15~20分
公式ホームページ 浜比嘉島

沖縄県のパワースポット

沖縄のパワースポット 久高島(神の島)

久高島(神の島)

沖縄のパワースポット 首里城

首里城

沖縄のパワースポット 浜比嘉島

浜比嘉島

Copyright(C) パワースポット 相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地 All Rights Reserved.