久高島(神の島)│沖縄県のパワースポット

久高島(神の島)KUDAKAJIMA

久高島(神の島)

沖縄のパワースポット 久高島(神の島)

沖縄といえば石垣島や西表島などが有名ですが、パワースポットとしての魅力を持つ島もあります。それが「神の島」と呼ばれる久高島ですが、久高島は全体がパワースポットと言われるほど神聖な島で、琉球開闢の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めたという琉球の聖地なのです。琉球王朝時代から現代まで信仰と伝統が守られてきたこの島は、琉球王朝時代には神事がとり行われ、沖縄における五穀発祥の地でもあり、歴代の琉球国王も久高島参詣を欠かさなかったと伝えられています。琉球神話の聖地として今も昔も沖縄の人々の心の中にしっかりと存在し、崇められている島なのです。



久高島を一躍有名にしたのが12年ごとの午年に行われる秘儀イザイホーで、島で生まれ育った30歳から41歳までの女性がセジ(霊力)を受け継ぐために行われる成巫式の事ですが、残念ながら1978年以降、該当者がいないためイザイホーは行われていません。このイザイホーを始め、久高島では年間約30もの神秘的な祭事が執り行われ、人々は神様と寄り添うように暮らしています。また久高島は総有制という独自の土地制度を持ち、ここでは土地は個人の所有するものという概念がなく、この土地制度によって外部の資本乱入を防ぐことで、島の存在自体を強く守り続けているのです。今でも日々の生活の中に伝統的な祭事が残る沖縄の人々にとって、久高島は歴史的に文化的に、また精神的にも非常に重要な役割を持った島なのです。

沖縄のパワースポット 久高島(神の島)

他にもアマミキヨが降り立ったカベール岬の小浜や、沖縄七御嶽のうちのひとつであるフボー(クボー)御嶽など、パワースポットが数多く存在します。久高島では他の島にも増して神聖な場所が多いため、観光気分で訪れるのは非常に注意が必要です。島の人々は自然に祈りを捧げ、彼らの聖域を守っていますので、御嶽に足を踏み入れないのは当然ですが、むやみやたらに道から外れて歩くのは島中が聖域とも言える久高島ではとっても危険な行為です。珊瑚や石、植物など、自然のものをむやみに島から持ち出すことも厳禁で、島のものを勝手に持ち出すと、神様のお怒りに触れると言われているので要注意です。


久高島(神の島)アクセス情報

所在地 沖縄県南城市知念久高
アクセス 沖縄本島からフェリーと高速船で15分~20分
公式ホームページ 久高島(神の島)

沖縄県のパワースポット

沖縄のパワースポット 久高島(神の島)

久高島(神の島)

沖縄のパワースポット 首里城

首里城

沖縄のパワースポット 浜比嘉島

浜比嘉島

Copyright(C) パワースポット 相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地 All Rights Reserved.