首里城│沖縄県のパワースポット

首里城SYURIJYO

首里城

沖縄のパワースポット 首里城

首里城と言えば沖縄観光では外せないスポットですが、実は沖縄屈指のパワースポットが集中する場所でもあり、現在は「首里城公園」として整備されているエリアには所に、古来より伝わる霊力が込められた場所が点在します。「城」と言えば、権力者の象徴や政治・軍事の拠点としてのイメージがありますが、首里城の場合はさらにもう一つの重要な役割を担っていました。それは「祈りの場」としての存在であり、王国における霊的権力者である聞得大君および家臣である神女達は、島の繁栄と人々の安寧を願って、さまざまな儀式を執り行いました。沖縄の各地には「御嶽」と呼ばれる聖域が多数存在し、今もなお人々の信仰の対象として崇められていますが、首里城とその周辺にある御嶽は特に格式が高いとされています。



首里城内のパワースポットとしてまず挙げられるのは園比屋武御嶽石門で、二千円札に描かれている守礼門を抜けた先の左手にある尚真王時代の1519年に創建された琉球王国時代の国王の礼拝所です。「園比屋武御嶽」とはこの石門の裏手に広がっていた森を指し、王家尚氏ゆかりの島である伊平屋島の神「田の上のソノヒヤブ」を勧請し、祀っています。国家行事や祭祀と密着した重要な御嶽で、道中安全祈願にご利益があるとされており、現在も地元の方々による御拝が絶えないご利益スポットなのです。


沖縄のパワースポット 首里城

次のパワースポットは「首里森御嶽」で、首里城正殿に向かいくつかの門をくぐり、最後の「奉神門」の手前に広がる広場「下之御庭」にある御嶽で、天上の神が最初に降り立ったとされるすごい場所です。この御嶽を中心に首里城が形成されたと考えられており、首里城内にある十カ所の御嶽「十嶽」の中でも最も重要とされている聖地で、強力なパワーを秘めていると言われています。城内で最も高い場所に建てられている「京の内」もパワースポットの一つで、石垣に囲まれた敷地の中に建物は一つもありませんが、王国時代にはここで神女達が、天上の神々との交信を行うために、さまざまな祭祀を行ったといいます。かつてこの敷地内には、十獄のうちの少なくとも4~5ヶ所が存在したそうで、首里城最大の霊力が秘められていると言われています。


首里城アクセス情報

所在地 沖縄県那覇市首里金城町1-2
アクセス 那覇空港駅から「ゆいレール」首里駅にて下車、徒歩15分
公式ホームページ 首里城

沖縄県のパワースポット

沖縄のパワースポット 久高島(神の島)

久高島(神の島)

沖縄のパワースポット 首里城

首里城

沖縄のパワースポット 浜比嘉島

浜比嘉島

Copyright(C) パワースポット 相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地 All Rights Reserved.