宇佐神宮│大分県のパワースポット

宇佐神宮USAJINGU

宇佐神宮

大分のパワースポット 宇佐神宮

宇佐神宮は全国に4万社以上ある八幡神社の、伊勢神宮に次ぐ第二の総廟と言われ社格の高い神社で、金運上昇、家内安全、縁結び、学業とあらゆる方面でスピリチュアルなパワーをもらえるパワースポットになります。伊勢神宮に続くと言われるだけに、年間で150万人が訪れるというとてつもなく規模の大きなお宮で、全ての神々を八つの方角から招き、それを掲げるというのが八幡を統括するこのスポットなのです。御祭神は八幡大神(応神天皇)、比売大神(宗像三女神)、神功皇后(応神天皇の母君)が祀られており、特に比売大神は、天照大神と卑弥呼とともに三者同一であるという、邪馬台国宇佐説もあります。



境内にある神用仏、通称『願掛け地蔵』は人に見つからずにお願いすると、一生に一度だけ願いを叶えてくれることで知られており、ぜひこっそりとお願い事を唱えに行きたいパワースポットです。鎌倉幕府を開いた源頼朝が八幡神を守り神としていたことから、勝ち運にも御利益があると言われており、ダンスボーカルユニット「EXILE」のメンバーがヒット祈願に訪れたことでパワースポットとしても広く知られるようになりました。一般に参拝する宇佐神宮の本宮は上宮であり国家の神ですが、階段を下りて帰る途中にあるのが下宮民衆の神で、片方のみを参拝するのは片参りと言います。


大分のパワースポット 宇佐神宮

“宇佐夏越祭り”の呼び名で知られる「御神幸祭」では、三基の神輿が本殿から頓宮まで繰り出し、平成27年には10年に一度の勅司祭(天皇の使者が派遣されて行われる祭祀)も行われ、地元である宇佐市も大いに盛り上がりました。一之御殿では勝負運や商談を制するなど特に仕事面や金運などの勝利の神として定評があり、二之御殿・三之御殿は、縁結びや安産、子育などに効果が現れると言われています。二之御殿の比売大神は宗像大社の三女神のことで女性の守護神とされ、三之御殿の神功皇后はお腹に赤ちゃんをやどしながら三韓征伐という戦いを指揮して勝利を手にした母神様ですので、ぜひ女性は参拝に訪れたいものです。


宇佐神宮アクセス情報

所在地 大分県宇佐市大字南宇佐2859
アクセス JR日豊本線「宇佐駅」下車 「四日市方面」のバスに乗車し「宇佐八幡バス停」下車
公式ホームページ 宇佐神宮

大分県のパワースポット

大分のパワースポット 宇佐神宮

宇佐神宮

大分のパワースポット 柞原八幡宮

柞原八幡宮

大分のパワースポット 稲積水中鍾乳洞

稲積水中鍾乳洞

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.