佐賀県のパワースポット

トップページ > 都道府県別パワースポット > 佐賀県のパワースポット

佐賀県のパワースポットSAGA

佐賀県のパワースポット

武雄神社

佐賀のパワースポット 武雄神社

武雄神社は735年に創建された歴史のある神社で、健康長寿・開運招福・厄除け・商売繁盛・気力充実のご利益があるとされ、主祭神武内宿祢をはじめとした5神を祀ることから「武雄五社大明神」とも言われています。九州にはこの武内宿禰を祀る神社が多く存在しますが、この武内宿禰なる人物は伝承では三韓征伐を行った神功皇后の家来で、神功皇后は応神天皇を身ごもったまま出征したそうで、そのあたりにも強力なパワーが宿っているように思います。平家を追討した源頼朝が祈願した神社でもあり、それを機に現在まで続く流鏑馬は毎年10月に行われる重要な祭事ともなっています。 >>続きを読む


祐徳稲荷神社

佐賀のパワースポット 祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社は伏見稲荷大社、笠間稲荷神社とともに日本三大稲荷の1つに数えられている年間300万人もの参拝者が訪れる活気のある神社で、九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数を誇ります。縁結びのパワースポットとして若い女性にも人気のパワースポットとなっており、特に近年は境内のなかにある「岩崎神社」が恋愛・縁結びのパワースポットとして一躍有名になってきています。漆で仕上げた極彩色の華麗な本殿、神楽殿、楼門の偉容は「鎮西日光」と称され、斎藤茂吉や野口晴雨などの著名な歌人が、祐徳稲荷神社を題材にした歌を詠んでいることからも、その魅力の高さがうかがい知れます。>>続きを読む


千栗八幡宮

佐賀のパワースポット 千栗八幡宮

中世より肥前国一宮として信仰を集めている千栗八幡宮は、応神天皇、仲哀天皇、神功皇后を祀る由緒正しい神社で、古くは宇佐八幡別宮として、また大分宮、藤崎八幡宮、新田神社、鹿児島神宮とともに九州五所八幡宮として崇敬されてきました。南北朝時代には当宮の西に千栗城が築かれ、戦国時代には神域も度々戦乱に巻き込まれ幾度か社殿も焼失しましたが、後に領主龍造寺氏、鍋島氏によって社殿の再興、社領の寄進が行われました。千栗八幡宮の入り口にある一の鳥居は、町指定文化財で慶長14年に鍋島藩祖である鍋島直茂が奉納した石造肥前鳥居で、ここから146段の石段が伸びています。>>続きを読む


Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.