稲佐の浜│島根県のパワースポット

稲佐の浜INASANOHAMA

稲佐の浜

島根のパワースポット 稲佐の浜

出雲大社の西にあり、日本の渚百選にも選ばれている海岸で、国譲り、国引きの神話の舞台で知られる浜で、旧暦10月の神在月に、全国の八百万の神々をお迎えする浜でもあります。美しい砂浜で夏は海水浴場になり、風光明美なパワースポットですが、冬は日本海らしい寒さと冷たさを感じる場所で、十分なパワーを吸収するなら、夏季がベストだと言われています。水のパワーが強いスポットなので、直接水に入るのが最もそのエネルギーを頂く方法で、そのためにも夏に訪れると良いのです。



稲佐の浜から少し離れた民家の庭先にある屏風岩は、高天原からの使者として派遣された武甕槌神が、この岩を背にして国譲りの話し合いをされたと伝えられており、戦うことなく国譲りをされた大国主大神の「和を尊し」とするこころを感じてください。海岸の南には、国引きの時島を結ぶ綱になったという長浜海岸(薗の長浜)が続いており、『出雲国風土記』に記載された「国引き神話」においては、島根半島と佐比売山(三瓶山)とをつなぐ綱であるとされています。稲佐の浜に一際目立つ丸い弁天島があり、古くは「沖御前」といい、遥か沖にあったといわれていましたが、近年急に砂浜が広がり、現在では島の前まで歩いていけるようになりました。神仏習合のころには、「弁財天」が祀られていましたが、今は豊玉毘古命が祀られています。

島根のパワースポット 稲佐の浜

大社町の住民は毎月1日の日の早朝、稲佐の浜で海水を汲み、それから出雲大社、荒神社に参拝しますが、その際、汲んだ海水を笹の葉で神前と自分の体に撒いて清めます。その後、自宅に持ち帰り家族・玄関・神棚・仏壇などに撒いて清めるという、昔から代々続けられる地元大社の民間風習が今も続いています。


稲佐の浜アクセス情報

所在地 島根県出雲市大社町杵築北稲佐
アクセス JR出雲市駅からバスで25分
公式ホームページ 稲佐の浜

島根県のパワースポット

島根のパワースポット 出雲大社

出雲大社

島根のパワースポット 須佐神社

須佐神社

島根のパワースポット 稲佐の浜

稲佐の浜

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.