出雲大社│島根県のパワースポット

出雲大社IZUMOTAISHA

出雲大社

島根のパワースポット 出雲大社

伊勢神宮と並び称されてきた古社である出雲大社は、日本最古の建築様式「大社造り」の神社として国宝に指定されており、一般に「いずもたいしゃ」と呼ばれるが「いずもおおやしろ」が正式名称です。縁結びの神様「大国主大神」を祀り、御祭神大國主大神は、特に「だいこくさま」とも呼ばれ、古くから福の神、平和の神、縁結びの神、農耕の神、医薬の神として慕われています。毎年、神在月(出雲地方では「神無月」のことを「神在月」と呼びます)に日本各地の神々が出雲大社に集まり、男女の縁だけでなく、その他の色々な"縁"を結ぶ「神議り(かむばかり・会議)」を行うそうです。



出雲大社は4つの鳥居がありますが、それぞれ鳥居の材質が違っていて、1つ目が石、2つ目が木、3つ目が鉄、4つ目が青銅となっており、自然のものを結集しています。鳥居は神域の入り口で、それが自然のパワーを宿す4つの材質でできている事が、すでにパワースポットとしての意味があり、鳥居をくぐる時もしっかりとパワーを頂くようなイメージで、厳粛な気持ちでくぐりましょう。出雲大社は他の神社と異なり、二拝四拍手一礼の作法で参拝しますが、柏手神社で浴びた気と自分の気が合わさった時に出来る余計な気の渦を柏手を打つことによって祓うためで、柏手を4回打つのは出雲大社は特にパワーが強いからと言われています。

島根のパワースポット 出雲大社


出雲大社の東300mくらいの場所に摂社・命主社がありますが、ここには大国主大神を助けた神皇産霊大神が祀られていますので、あわせて参拝すると良いでしょう。また意外と参拝し忘れるのが御本殿のほぼ真後ろに鎮座されている素鵞社で、別名「出雲神社」とも言い、実はこの素鵞社は小さな社ですが隠れたパワースポットしても評価が高いのですが、多くの方がその存在を知らないため、ほぼ独占状態でそのパワーを頂ける秘密のパワースポットなのです。出雲は日本の国土形成に大きく関わった地であり、さらに神話の伝説も数多く残されているため、真の意味で日本のパワースポットで、特に神楽殿の大注連縄の下がパワーが強いようです。また遷宮によりさらにパワーアップし、今後も日本の代表的なパワースポットとして、ぜひ一度は訪れて頂きたい場所です。


出雲大社アクセス情報

所在地 島根県出雲市大社町杵築東195
アクセス 一畑電鉄「出雲大社前駅」下車、徒歩7分
      山陰本線「出雲市駅」から「出雲大社行」バス約30分「出雲大社」下車すぐ
公式ホームページ 出雲大社

島根県のパワースポット

島根のパワースポット 出雲大社

出雲大社

島根のパワースポット 須佐神社

須佐神社

島根のパワースポット 稲佐の浜

稲佐の浜

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.