富士山本宮浅間大社│静岡県のパワースポット

富士山本宮浅間大社FUJISANHONGUSENGENTAISHA

富士山本宮浅間大社

静岡のパワースポット 富士山本宮浅間大社駿河国の一宮である富士山本宮浅間大社は全国に1300社ある浅間神社の総本社で、富士山を神体山として祀り、富士山を語るにはこの神社なくして語れないというほどの要の神社、富士信仰の中心地です。富士山南麓の富士宮市に本宮が、富士山頂に奥宮と久須志神社の二社が鎮坐していますが、両社ともに浅間神社の奥宮で、富士山八合目以上は奥宮の境内地(ご神域)になります。創建は2000年以上前の紀元前27年頃、東海地方最古の社で、噴火を繰り返す富士山の神霊「浅間大神」を鎮めるために、富士山麓に祀ったのがはじまりとされています。徳川家康が造営した本殿は国指定の重要文化財に指定されています。



富士山は神々のパワーが集まる場所として日本のほぼ中心に位置し、強力な龍脈(大地のエネルギー)の発生源で、富士山本宮浅間大社は、その富士山の龍脈の気が留まる龍穴(大地の気がみなぎる場所)に位置するパワースポットなのです。富士山を背に、湧玉池の水が東に流れ、南に平地が開け、西に甲州への道が続くという理想的な四神相応の龍穴地形で、富士山周辺を訪れる際は陰陽バランスを取る形で、「陽」の富士山本宮浅間大社と「陰」の北口本宮冨士浅間神社をペアで参拝すると良いそうです。富士山本宮浅間大社で一番のパワースポットは、社殿の右奥にある「湧玉池」で、平成の名水百選、そして国特別天然記念物に指定されています。


静岡のパワースポット 富士山本宮浅間大社湧玉池には、霊峰・富士山の雪解け水が何層にもなった溶岩の間を通って、豊富に湧き出しており、この湧玉池の場所は「日本の中心」であるといわれています。水温は1年を通して13度前後で一定していて、鏡の様に澄み、心が洗われていくような美しい池で、この池の流れ出しが都心に流れる神田川となっています。富士の恵みのご神水としてお水取りも可能で、江戸時代に「富士講」とよばれる富士山信仰が盛んでしたが、この湧玉池で心身を清めた後で富士登山を始めたそうです。


富士山本宮浅間大社アクセス情報

所在地 静岡県富士宮市宮町1-1
アクセス JR身延線「富士宮駅」より徒歩10分
公式ホームページ 富士山本宮浅間大社

静岡県のパワースポット

静岡のパワースポット 富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

静岡のパワースポット 柿田川湧水群

柿田川湧水群

静岡のパワースポット 久能山東照宮

久能山東照宮

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.