大麻比古神社│徳島県のパワースポット

大麻比古神社OOASAHIKOJINJA

大麻比古神社

徳島のパワースポット 大麻比古神社

徳島県鳴門市にある大麻比古神社は阿波国一の宮で、創始は神武天皇の時代と言われており、古くから大麻山を御神山として信仰が続けられてきた神社です。神武天皇といえば弥生時代にあたり、かなりの歴史ある神社で、御祭神は農業・産業の守り神である大麻比古大神と、天孫降臨の際に地上の道案内役をつとめたという、交通安全・厄除けの神の猿田彦大神です。大麻比古大神は阿波国を開拓した忌部氏の祖先とされており、天日鷲命や天太玉命といった御先祖神をあわせてこの大麻山の麓に祀られ、猿田彦大神は大麻山の峯に鎮座していたのを、いつの頃からか一緒に祀られるようになったと言われています。古代からこの二神を合わせて大麻比古大神と崇敬を集め、いつから祭られたかはっきりとわかっていませんが、平安初期の文献にはすでに記載されている事から、今から1,100年ほど前には存在していたのではないかと思われます。



境内に入ってすぐの場所に立つ大麻比古神社のご神木である大楠は樹齢1,000年を越え、幹回りが8.3メートル、高さが22メートルもあり、鳴門市の天然記念物にも指定されており、かなりの霊気を感じる方がいるようです。この大楠はパワーが特に強く、楠は神社でよく植えられていますが、柔和で優しいエネルギーを持っていて、疲れた心や傷ついた心を包んで癒してくれるので、近くでゆっくりと時間を過ごすと良いでしょう。何かを手放しすべてクリアにしたいときは右手を、何かを得たいときには左手をかざす事で、このご神木のパワーを頂けると言われていますので、ぜひ訪れた際にはやってみて下さい。

徳島のパワースポット 大麻比古神社


大麻比古神社のエネルギーの源は背後の大麻山で、土地の人々が「弥山(みせん)さん」と崇拝する阿讃山脈の霊峰です。背後の大麻山の頂上には奥宮峯神社が祀られており、歩いて2時間程度ですが境内から遥拝する遥拝所もあります。この霊峰は道開きのパワーが強く、すでに選択肢が決まっている道のりについての開運を応援してくれるパワーもありますが、それ以上にまだ誰も分け入ったことのない未知の分野に大きな一歩を進もうとするような新しい可能性を切り開くパワーを与えてくれます。鬼門や裏鬼門といった方角にまつわる災いを除く珍しい方除の祈願もあり、お正月以外でもこの拝殿前に行列ができるほど多くの方が参拝されています。


大麻比古神社アクセス情報

所在地 徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13
アクセス JR鳴門線・徳島駅より徳島バスで43分、下車すぐ前。
公式ホームページ 大麻比古神社

徳島県のパワースポット

徳島のパワースポット 大麻比古神社

大麻比古神社

徳島のパワースポット 剣山

剣山

徳島のパワースポット 鳴門の渦潮

鳴門の渦潮

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.