称名滝│富山県のパワースポット

称名滝SYOUMYOUDAKI

称名滝

富山のパワースポット 称名滝称名滝は立山にその源を発する称名川の流れが立山の大噴火による溶結疑灰岩をV字型に150メートルも深く侵蝕した称名廊下の末端から落下する大瀑布です。落差350mで日本一、国の名勝、天然記念物に指定されており、主峰雄山を源に地獄谷、弥陀ヶ原(みだがはら)高原、大日岳の清水を集めた称名峡谷から4段となって一気に流れ落ちる水柱は豪放そのものです。第1段目が70m、2段目が58m、3段目が96m、最後が126m。水量が多い初夏の頃が最も迫力のある季節です。



雪解けの時期には隣に落差500mのハンノキ滝が現れ、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れて、3つの滝が並んだ光景を見ることができる。ハンノキ滝の落差は497mで、350mの称名滝よりも大きいものの、いつも存在している滝ではないので、日本一の落差の滝として認められていない。


富山のパワースポット 称名滝立山を訪れていた法然上人が迫力満点の滝の轟音のなかに、「南無阿弥陀仏」という称名念仏を聞いたことから、称名滝と名付けられたという。マイナスイオンのシャワーをたっぷり浴びてリフレッシュするにも最適ですので、パワースポットと言うよりも、ヒーリングスポットと言えるかもしれません。しかし滝と言うのはそれ自体にパワーが宿り、自然のパワースポットの代表とも言える存在ですので、心静かにその動き、その音を全身で感じ、そのパワーを頂きましょう。


称名滝アクセス情報

所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺
アクセス 富山地方鉄道立山駅から立山黒部貫光バス称名滝行きで約20分後徒歩約30分
公式ホームページ 称名滝

富山県のパワースポット

富山のパワースポット 立山

立山

富山のパワースポット 雄山神社

雄山神社

富山のパワースポット 称名滝

称名滝

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.