立山│富山県のパワースポット

立山TATEYAMA

立山

富山のパワースポット 立山立山は、飛騨山脈北部に位置する標高3,015mの山で、雄山、大汝山、富士ノ折立の3つの峰の総称です。日本三霊山のひとつに数えられる霊山立山は、「立山に地獄あり」と恐れられ、古くから立山修験と呼ばれる山岳信仰の場であり信仰の対象でした。開山縁起に神々が種々の姿で現れ、実は阿弥陀如来であったとあるように神仏混淆で、古代には立山権現として、平安時代からは地獄極楽のある山として阿弥陀信仰と結びついてきたという変遷が見られます。



立山山麓には、芦峅寺、岩峅寺の二つの拠点寺院があり、雄山神社の主神は伊弉諾尊、本地仏は阿弥陀如来で、不動明王を本地とする手力雄命を副神としています。立山本峰の雄山に峰本社があり、山麓芦峅寺の中宮(祈願殿)、岩峅寺の麓大宮(前立社壇)とともに、三者一体の形を有します。登拝することで、現世の罪や穢れを落とすことができるとされ、現在でも、山頂に建つ雄山神社峰本社では、神主さんが登山者にお祓いをしてくれます。


富山のパワースポット 立山立山が日本の歴史のなかで絶えず存在感を保ち続けたのは、山中にあるという恐ろしい「地獄」のおかげだと言われています。至る所からガスが噴出し、熱湯の沸き返る不気味な「地獄谷」、女性だけが堕ちるとされる「血の池地獄」、極寒地獄に見立てられた「みくりが池」など、その景観はまさに地獄そのものです。立山登山によって死後の世界を疑似体験することができて、極楽へ行けるとして、修験者以外でも登拝する人が多くなりました。


立山アクセス情報

所在地 富山県中新川郡立山町立山峰
アクセス JR富山駅~立山駅(富山地方鉄道)
公式ホームページ 立山

富山県のパワースポット

富山のパワースポット 立山

立山

富山のパワースポット 雄山神社

雄山神社

富山のパワースポット 称名滝

称名滝

Copyright(C) パワースポット2016 All Rights Reserved.